本文へジャンプ

Schneller Genetics _No.1

第7回家族性腫瘍研究会学術集会教育講演Ⅱ要旨

「乳癌・卵巣癌の遺伝的リスク評価:スクリーニングとリスク低減のための最新戦略」

講演原題
Genetic risk assessment for breast and ovarian cancer Current strategies forscreening and risk reduction
講演者
Dr.ジェフリー・ワイセル(Jeffrey N. Weizel,M.D.)
臨床腫瘍遺伝学部長、
シティ・オブ・ホープ ナショナルメディカルセンター.
(Director, Department of Clinical Cancer Genetics,City of
Hope National Medical Center, Duarte, California, U.S.A)

※ 平成13年6月15日、16日に開催された「第7回家族性腫瘍研究会学術集会」において、当社が後援した教育講演の要旨を収録した当社発行の「Schneller Genetics No.1」を転載しています。

Schneller Genetics _No.1

概要

遺伝性乳がん、卵巣がんの遺伝的なリスク要因について的確な評価を行うためのハイリスク患者のスクリーニングに関するポイントを、演者自らの臨床経験から得られた情報も交えて、どのようなケースで遺伝子検査を適用すべきか、また、検査後の患者のマネージメント、特に発症リスク低減のための予防法など、米国での現状についてホットな話題を提供しています。

ページの先頭へ戻る