本文へジャンプ

Schneller _No.46

「遺伝子診断への道 -可能性と妥当性」

講演者
日本人類遺伝学会 理事長
熊本大学 名誉教授
松田 一郎 (まつだ いちろう)

※当社発行の医療情報誌「Schneller No.46」(平成14年4月10日発行) に寄稿いただいた論文を転載しています。

Schneller _No.50

概要

遺伝子診断は、自分の病気のリスクを事前に把握することができ、予防医学の発展に大きく貢献することが期待される一方、その診断結果は被検者本人のみならず血縁者にまで波及する問題であり、それぞれの人生に大きな影響を与えてしまいます。本稿では、日本人類遺伝学会理事長で、熊本大学名誉教授の松田一郎先生に、適正かつ意義のある遺伝子診断が行われるための提言を執筆いただきました。

ページの先頭へ戻る