本文へジャンプ

PGx解析サービスのご案内

FALCOはGentris基準のPharmacogenomics(PGx)解析サービスを国内のラボで実現します。

Revolutionizing Medicine Through Pharmacogenomics®

当社では、米国Gentris Corporationと提携を行い、薬剤の臨床試験における、PGx解析をGentrisと同じ規格で、GLP準拠のラボで実施します。グローバルな臨床開発を、日米のPGxラボの連携が、より効率的に支援します。

臨床試験用 PGx検査項目

検査項目一覧のご案内
PGx検査項目内容の詳細についてご覧いただけます(PDF)。

薬物代謝酵素(DMEs)

薬物の安全性、毒性、有効性の予測マーカー

反応性マーカー

薬物が特定治療領域に効果がある場合の予測マーカー

遺伝子発現解析

リアルタイムPCRを用いたmRNA定量による遺伝子発現解析

Pharmacogenomicsの未来のために

患者の遺伝的特性に基づいた薬物の反応性を見極めるために、信頼と精度の有るPGx検査を提供します。

  • 有害事象の減少のために
  • 治療効果の改善のために
  • 臨床適用への迅速化のために

DNAバンキング

将来のPGx解析にそなえ、DNA、RNAを安全に保管します。
バンキングシステムが試料の保存、移動、廃棄を厳しく監視します。万全のバックアップシステムにより、長期間の安全と安心を保証します。

Gentris社のインフォメーションについてはこちら
Gentris
専用サイト: http://www.gentris.com/

遺伝子解析研究受託サービス

測定系の構築からご報告までを柔軟に、全てカスタムメード※にて貴施設の遺伝子解析研究*に対応致します。

※カスタムメードの解析について、新規に測定系を構築する必要のあるご依頼については、サンプル測定料金のほかに、測定系構築費用(バリデーション費用等)が別途必要となりますのであらかじめご了承願います。

※1サンプルあたりの測定料金は、総サンプル数ならびに一括測定可能なサンプル数、測定タイミングならびに希望納期等により変動いたします。

*「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」の適用範囲内のものに関しましては、貴施設の倫理委員会の承認を得たものに限り、解析のご相談をお受けしておりますので、何なりとお問い合わせください。

シークエンス解析

癌関連遺伝子、薬効関連遺伝子、疾患関連遺伝子等、カスタムメードで承ります。

  • サンガー法
  • SBS法 (Illumina社次世代シークエンサーによる解析)

遺伝子発現定量解析

薬剤反応性遺伝子、薬効関連遺伝子、疾患関連遺伝子、造血器腫瘍マーカー遺伝子等、カスタムメードで承ります。

  • リアルタイムPCR法

Mu-PACK™遺伝子変異解析

「GENOSEARCH™ Mu-PACK™」研究試薬を用いて、チロシンキナーゼ シグナル伝達経路における癌関連の特定遺伝子(BRAF,KRAS NRAS,PIK3CA)について既知の遺伝子変異解析をマルチプレックス PCRとLuminex®テクノロジーにより解析します。

※Luminex®は、Luminex社の登録商標です。

  • PCR-rSSO法

Mu-PACK™遺伝子変異解析の詳細はこちら

※株式会社医学生物学研究所 提供

検査項目一覧のご案内

見積依頼へ

技術的な質問等、その他お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る