本文へジャンプ

悪性腫瘍(体細胞)遺伝子検査のご案内

腫瘍細胞の予後診断、薬効予測など、臨床に密着した遺伝子解析を実施しております。

マイクロサテライト不安定性(MSI)検査

MSI検査は、マイクロサテライトの反復回数を調べミスマッチ修復遺伝子が機能しているかどうかを予測する検査で、リンチ症候群(HNPCC)の補助診断として有用と考えられています。

プロメガ社キット使用(研究解析用) の詳細はこちら

Bethesdaマーカー使用 の詳細はこちら

GIST関連遺伝子解析

c-KITの遺伝子検査は、GIST(消化管間葉系腫瘍)症例の治療方針決定のための補助手段として有用であると言われています。

GIST関連遺伝子解析の詳細はこちら

ページの先頭へ戻る